ようこそゲストさん

kaZmaのメモ帳

2011/05/15(日) Ubuntu Server 10.04 LTSでadd-apt-repository

2011/05/15 8:06 Linux::UbuntukaZma
Ubuntu Server 10.04 LTSでは、標準でadd-apt-repositoryがインストールされていない為インストールする必要があります。
参照記事 → murmur 1.2 のインストール – 死者のページ
~$ sudo aptitude install python-software-properties

2011/04/17(日) REAPER

2011/04/17 21:37 DTM::DAWkaZma
フリーソフトでDTMさんを参照。
REAPERというソフトがあり、Var.0.999まではフリーで利用可。
VSTiなどはSound & Toolsさんを参照。

後々追記予定。

2011/01/29(土) cronの設定

2011/01/29 20:06 Linux::UbuntukaZma
ジョブを定期的に自動で実行するcronを設定します。
今回は、自分が利用させて頂いているDynamic DO!.jpのIPアドレス更新を例にして説明します。

crontab

cronの設定はcrontabで行います。
~$ crontab -e
すると最初は下記のようになっています。
# m h dom mon dow   command
分 時 日 月 週  コマンド ってな具合。
今回は一時間おきにIPアドレスを更新するように設定します。
# m h dom mon dow   command
0 * * * * wget -O - 'http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=ドメイン&pw=パスワード' > /dev/null 2>&1
ドメインとパスワードは各々自分の設定で。
詳細はDynamic DO!.jpの使い方というページに載っています。

設定が終わったら一応確認。
~$ crontab -l
設定したものが表示されていればOK。
実際に動作しているかはDynamic DO!.jpを見ること(毎時0分にIP更新していればOK)。

2010/12/30(木) サーバー版インスコ直後にやること

2010/12/30 24:23 Linux::UbuntukaZma
Ubuntu Server版をインスコ直後に行うことのオレ専用備忘録。
ちなみにバージョンは10.04 LTSです。

インストールされているパッケージを最新版に

パッケージ情報を最新にする

~$ sudo aptitude update

実際にパッケージを最新にする

~$ sudo aptitude upgrade
最初は結構かかるので暫く放置プレイ。

必要なパッケージをインスコ

vimをインスコ

~$ sudo aptitude update
~$ sudo aptitude install vim
尚、以後は vi コマンドで vim が起動します。

コンソールの文字化け対策

基本的にインスコ後はWindowsのputtyからSSHでリモート管理するものの、Ubuntuインスコ時に日本語を選んでいるとputtyからアクセスした場合はともかく、コンソールで日本語を表示しようとして文字化けする。
それを防ぐ為にputtyからアクセスした場合は日本語で、コンソールでは英語で表示するように設定。
参照記事 → Ubuntu serverの文字化け対策:浜村拓夫の世界
~$ vi ~/.bashrc
で設定ファイルを開き下記を最下行に追記。
case $TERM in
linux) LANG=C ;;
*) LANG=ja_JP.UTF-8 ;;
esac

IPアドレスなどのネットワーク設定

参照記事 → Ubuntu/インストール後の設定 - TOBY SOFT wiki
インスコ時はDHCPからやっちゃうので、インスコ終了後に固定IPに設定する。
設定ファイルは /etc/network/interfaces
# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet dhcp
これが初期状態。
とりあえず以下に設定。
# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto eth0
# iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
        address 192.168.1.11
        network 192.168.1.0
        netmask 255.255.255.0
        broadcast 192.168.1.255
        gateway 192.168.1.1
        dns-nameservers 192.168.1.1
設定が終わったらネットワークを再起動。
~$ sudo /etc/init.d/networking restart
インスコ時にDHCPから設定した場合固定IPにすることでIPアドレスが変わるため、puttyから設定すると上記コマンド実行後切断されます(当たり前)。